ブラジル視察決定

ブラジルの視察日が11月に決定しました!!ブラジルには世界の熱帯雨林の3分の1を閉めるアマゾンがあるが、1960年以降牧場経営、地下資源開発、木材伐採、貧困の解決などの開発によって、アマゾン流域の森林は急速に失われている。1979 年から90年までの間に、森林伐採は毎年2km²という猛スピードですすみ、ブラジルを中心とするアマゾン流域の森林の12%がうしなわれた。このアマゾンの森林破壊は、ブラジルだけの問題に留まらず、地球の肺と呼ばれる世界への酸素の供給機能、地球温暖化にも影響を与える。僕たちで何ができるのか、しっかりと結果を残すために、その目でブラジルの「今」を確認してきます!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です