内モンゴルの苗床♪


内モンゴル植林では、毎年、数万本単位での苗木を購入しています。

その苗木はどこから買っているの?というところをお話ししたいと思います^^

苗木は、ワンフェスの内モンゴル植林ツアーの旅行を担当してくださっていて、

20年前から内モンゴルで植林活動を行っているパイオニアの(株)日本エコプランニングサービス代表の高橋さんが農民の方と契約し、

農民の方が育ててくれた苗木をワンフェスでは購入しています。

農民の方に育てていただくことで、育つ経過も確認でき、信頼できる苗を買うことができます。

そして、農民の方の大きな収入源にもなります。


苗床の様子はこんな感じです♪


タマリスク(紅柳)


スナナツメ(沙棗)


ポプラと高橋さん♪


こちらもポプラの苗床ですね♪

苗床で現在育てられている苗木は5万本で、

長いもので3年ほど苗床で育てられます。



こうした歳月と、愛情が込められた苗木を植林ツアーでは植えています♪


宇宙の子☆マサ